バイクで民宿 3 

2014/05/28
Wed. 23:25

May.10,2014

桧枝岐温泉の民宿「舟岐館」にツーリングがてら投宿した。

桧枝岐といえば会津の名湯だけど、この時期はまだまだ閑散期。
「みんな尾瀬のほうへ行っちゃうから、夏以外はけっこうヒマ」と地元の人が言っていた。

桧枝岐の観光案内所で「素泊まりで温泉で安いとこ希望!」と言って紹介された舟岐館。
素泊まり3,500円、食材は近くのJAのスーパーで仕入れた。でもたいしたモノはないです。
うーん、いかに昨今のコンビニがスバラシイか再認識をした次第ですw

宿に着いてすぐに徒歩1分の「燧の湯」へ。ここ、民宿泊の人は無料で入れるんですね。
のんびりと湯に浸かり部屋に戻りビールを注文したら、旬のものをサービスで!
これがまた美味かったです。ふきのとうの和えもの&野蒜とニシンの酢のもの。ま、東京じゃまず食べられません。

部屋は「ま、この程度だよね」といった感じです。清潔感はあります。
壁が薄くて隣室の話し声が聞こえたりしましたが、ま、民宿ですから。ぜんぜんオッケーですボク的には。

ちょっとだけ残念だったのは、宿のお風呂(温泉)にお湯を張ってくれてなかったこと。
小さい内湯ですが、桧枝岐の民宿といえばやっぱり小さい内湯・・・これに入りたかったな。
お客もボクを含めて3組だったし、片づけなどの手間を考えてのことなのかな?うーん残念だ。

で、相当疲れてたのか午後7時にはとっとと寝てしまいましたzzz
桧枝岐の民宿はたくさんあるので、お気に入りの宿探しというのも楽しいかも知れません。


hi4.jpg
hi5.jpg
hi3.jpg
hi2.jpg
hi1.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

バイクで老神温泉 楽善荘 

2014/05/13
Tue. 19:51

Apr.28,2014

GW前半のバイク旅。予定が狂って?泊まることになった老神温泉にある楽善荘。
素泊まり4,700円で源泉かけ流しの温泉が24時間入り放題!

古い旅館ですが、またそこがいいんだな。館内にはビールの自販機、旅館隣接の
売店とかもあり素泊まりでも、まあなんとかなる感じです。
クルマで5分の国道沿いにセブンイレブンがあるので、食料の買い出しには困りません。

朝のコーヒーサービスなどもあって、ひとり旅にもやさしい宿という印象。
ご主人と女将さんの対応もヨイです。てなこともあって実はGW後半の山行帰りにも一泊してしまったw

温泉街全体をみれば残念ながら衰退傾向ですが、その分静かな雰囲気を味わえます。
機会があればまたまた再訪したい宿です。


P1040338.jpgP1040339.jpgP1040340.jpg
P1040343.jpgP1040346.jpgP1040352.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

バイクで民宿 2 

2014/03/24
Mon. 22:26

Mar.21,2014

3月の3連休はバイクでうつくしまふくしまへ。
阿武隈山地を周回してキャンプでもやろうかななどと考え
キャンプ道具を積んで出かけたものの、連休初日は北風も強く発達した低気圧が
太平洋側を占拠。。。午後、福島県内に入った頃には雪がちらちら。
「うー、寒い!」てことで、あっさりと初日はキャンプ中止ww
JR磐越東線、小野新町駅前の旅館「宍戸旅館」に投宿した。もちろん素泊まりである。

突然の素泊まり要請にも丁寧親切に対応して下さり、ウェルカムコーヒーをご馳走になる。
食料は相変わらずのコンビニへ。バイクで3分程度。ミニストップとセブンイレブンがある。
コンビニ弁当は旅館でレンジでチンしてもらい、その後、部屋の炬燵で保温。
そんな行為に、なぜか独身時代におんぼろアパートに住んでた頃を思い出したりした。

ご主人によればこの旅館、約60年前からの創業というから民宿に歴史あり的な
けっこう雰囲気のいい旅館なのである。木板張りの廊下や各所にあった木製の窓枠が
うーん昭和善き哉、とボクを唸らせたのである。素泊まり4,500円也・・・


P1040166.jpgP1040159.jpgP1040155.jpg
P1040165.jpgP1040161.jpgP1040164.jpg

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

バイクで民宿 

2014/03/10
Mon. 21:57

Mar.8-9,2014

房総白浜の民宿浜吉に投宿した。

午前10時、自宅をバイクで発。房総の山間部をのんびり走り
うろちょろしながら海岸線へ向かう。天気良し。

素泊まり3,500円とリーズナブルな宿であった。
施設という施設はなく、かろうじて少し大きめのお風呂。
リンスインシャンプーに、なつかしい黄色いレモン石鹸である。
たしか、小学校のトイレに網に入ってぶら下がってたやつだよな・・・
それと、共同の大きめの冷蔵庫が施設といえば施設だろうか。
ま、民宿なのでそんなのでじゅうぶんなのだ。

買い出しは近所のスーパーか、バイクで5分程度のコンビニが使える。
周辺の店は海の幸を扱う店が多いが、観光客相手の店なので値段は安くない。
房総の海岸沿いは、けっこうそんな店が多い気がする。

ビールとチューハイ、芋焼酎などを並べ炬燵に潜り込む。
BSが映るので、映画で寅さんなんかを観て夜9時過ぎに眠くなった。

こういう質素な宿で、だらりと過ごすという「ぜーたく病」にかかっている
ボクにとっては、さらに病状を重たくする宿であった。


bybj01.jpgbugk02.jpgbydhf03.jpg
bydjglw04.jpgbybhk05.jpgbyggfgls06.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ボロ宿で温泉の原点をみた 

2013/05/14
Tue. 21:20

エントリーが前後したけど、GW前半は会津方面に行った。
ところが天気がぜんぜんダメで結局、山へはワンデイのみ。

平日1日を休暇にしていたので、以前から気になっていた宿に1泊することにした。
この温泉宿は素泊まりだけで、電話予約の時にも
「うちはあんまりキレイじゃないし素泊まりだけなんですよー」と
申し訳なさそうな対応だったんで「や、だから行くんです」とキッパリ。
近くのセブンイレブンで食料を調達し(とはいっても、いつものレトルト)
夕方5時頃、宿に入った。ビールはせっかくなので冷たいのが飲みたかったので
宿の自販機を利用。350mlのスーパードライが250円と通常価格だったのも好感度上昇。

温泉は源泉かけ流し、源泉温度は45~46度くらいあって熱い。。。
二つある湯ぶねのうちひとつは40度チョットでゆったりできます。
石鹸とかシャンプー、シャワーなどの類はナシ。ホントの意味で湯治場。
しかし、ここにニッポンの温泉の原点を見た気がするのです。
昨今、きれいな施設ばっかりで情緒が足りない!と思っている人には
ぜひ一度行ってみてほしい宿である。また行きたいなあ。
そういや部屋の写真を撮り忘れましたが、広かった!窓の外のロケーションも良かった。
というワケで硫黄の匂いもプンプンなGW前半だったのです。


P1030097.jpgP1030106.jpgP1030108.jpg
P1030116.jpgP1030109.jpgP1030124.jpg

[edit]

CM: 6
TB: 0

page top

2017-04