トーキョー・ベイ 

2014/09/23
Tue. 20:56

Sep.23,2014

サイコンを落としてから距離とかスピードとかをまったく気にすることが無くなった。
ま、このミニベロには最初からついてないんだけどw
通り過ぎる風景とか季節の色とか、そんなのが記憶できるサイコンがあったらいいな。

暑さ寒さも彼岸まで・・・トーキョーも秋の匂いがします。


DCIM0037.jpg

[edit]

CM: 9
TB: 0

page top

寅さん、好きなんです 

2014/09/21
Sun. 23:44

BSで毎週やっていた男はつらいよシリーズ48作放映!が終わった。
実は無類の寅さんファンで、今回の放映含めて数回観た作品も多くあり。。

で、今年の2月の大雪の日に放映された17作目「夕焼け小焼け」なんですが
BSアンテナの上に雪が積もって受信できずに、録画されていなかったという顛末。
この17作は特にお気に入りの作品で、宇野重吉さんが貧乏老人と思わせといて
実は日本画の大家で、画用紙に落書きした絵がとんでもない値段で売れたとか
古本屋のオヤジに大滝秀治さんとかキャスティングも最高。そんなワケでDVDを買ってしまいました。

寅さんみたいに旅がしたいけど、きっと一生かかってもあの人には追いつけないな。


ot17017.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ヤマに戻る 

2014/09/17
Wed. 22:40

Sep.13-14,2014

9月の連休、金曜の夜中央道を西へ。走りながら途中までどこへいこうか迷った挙句
最近ぜんぜん森林限界を超えてない!と思ってお手頃な八ヶ岳へ。
それも出来る限り静かな尾根を登ろうと思い、海ノ口から横岳へ登ることにした。
杣添尾根は、積雪期に3回トレースしてるけど夏~秋は初めて。1回くらい登ってみよう、というワケ。

てなことで、海ノ口駐車場に午前1時着。ビールでおつかれさん会@おひとり様。
到着したときはほかに1台の車があっただけなのに、朝起きてみたらすでに満車!
とはいっても、ここの駐車場は数年前に拡張されたとはいえ10台そこそこのスペースしかない。

駐車場の標高はすでに1,700mあるので横岳にピストンしても5時間ほど。
けっこうお手軽な尾根なのである。よって朝寝坊して出発は8時半を回っていた←おせーよw
夏道は初めてだったけど、少し後悔した。ごつごつと歩きにくかったり段差が大きかったり
雪のシーズンと比べて格段に歩きずらいのである。ヤマ、すこしサボってたから余計にね。

天気は下界は晴れ、稜線はガスwww ま、いいのだ。久しぶりの森林限界越えなのである。
今回は岩の感触を楽しめればいいのだと、自分に言い聞かせて登った。
ハイマツが出てくるとひと登りで三叉峰ピーク。稜線を辿って横岳に立った。
なんも見えん、、、ときどきガスが切れて赤岳と阿弥陀岳、眼下に行者小屋と鉱泉が見えた。

秋の連休という事もありメジャー山域は大混雑だったらしいが、人気の八ヶ岳にあって
この稜線は比較的、人が少ない場所なのでそれが救いだったと思う。ボクは稜線の手頃な
岩の上に座ってコンビニで仕入れた、好物のいなりずしを食べた。晴れてるほうが、やっぱりいいな。
そんなことを思いながら。1時間近く大休止のあと、ピストンで海ノ口へ戻る。
下りはなんだかんだと90分ほどで駐車場着。

ちょっと時間も早かったので、信州峠からこれまた手軽に景色を楽しめる横尾山あたりに
いこうと思いたちクルマを走らせる。峠着は16時。まだ陽があるので、途中の広場、カヤトの原まで
行くことにした。駐車場から空身で約40分。この場所もなかなかいいポイントです。時間が時間だし
誰もいない。カヤトがゆらゆらと風に揺れて、少し早い秋を告げていた。もう少し秋が深まったら
また再訪したいなあ・・・そんなことを思わせてくれるヤマです。

温泉に立ち寄り、夜は去年発見した林道奥の車中泊ポイントで泊。
翌朝は大菩薩山域の、これまたゆるゆるで30分でピーク!というヤマに登りつつ
ボクはヤマの空気と土の感触と風の音とかを、身体じゅうに吸収したのです。

ここ最近ヤマから少し遠ざかってたんだけど、やっぱりヤマはいいなあ。


DCIM0006_yokoomt.jpg

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

秋のそら 

2014/09/02
Tue. 23:31

秋がそこまできていた・・・


IMG_20140902_153222.jpgIMG_20140902_185626.jpgIMG_20140831_173749.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2014-09