房総で〆 

2014/12/31
Wed. 00:30


Dec.30,2014

せっかく洗車もしたのに、ダートを走って泥んこ。
ぽかぽか陽気の房総ツーリングで〆。
バイクに乗り始めて1年チョット。9,000kmくらい走りました。
ま、趣味が多くてアレコレ手を出してる割にはいいペースじゃないでしょうかw


DCIM0133.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

京王高尾山口行き 

2014/12/28
Sun. 21:20

Dec.27,2014

地元の駅から列車に乗った。すでにお正月休みに突入しているためか
土曜日の車内はいつもより空いている感じ。
明大前を過ぎ、調布、府中と過ぎていくと武蔵野の面影を残した
雑木林がぽつんぽつんと車窓を流れていく。ボクが子供のころと比べれば
格段に少なくなった雑木林。あの辺を探検してみたいなあ、などと妄想していると
終点の京王高尾山口に着く。ヤマ友のY女史と歩き納めハイクでもやりますか、という
ことと相成り、駅からてくてく歩ける南高尾山稜へハイクアップ。
葉の落ちた高尾の杜からは、たっぷりと雪をまとった富士山がちょこんと顔をだす。
あのてっぺんにイチゴをのっけて食べたいねえ、と言いながら落ち葉をサクサク。
太陽が少し西に傾きかけた頃、林道に下りた。バスの時間まであと5分!
早歩きでもなく走るでもなくバス停まで。ギリギリ停まっていたバスに飛び乗る。
こうして陽だまりハイクは大成功のうちに終了した。
また来年もヤマに登ろう。あんまり頑張らないでいいヤマへね。


DCIM0126.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

年末雑記 

2014/12/26
Fri. 23:11


年末です。我が国の年末はイベントがたくさんあって賑やかですね。
テレビはほとんど観ませんが、歌番組とかいろいろ特番だし。
あまり観ないけど「警察24時!」とかはけっこう好きw特に去年からバイクに跨るようになったので
新米白バイ隊員の過酷な特訓風景とかは、へー!とか、おー!とか言いながらけっこう観ちゃう。
や、ホントあの人たち凄いわ。ぜったい逃げられねーw

で、あっという間にクリスマスが終わると、もうあとは大晦日の紅白歌合戦がどーしたとか
有馬記念に賭ける金が口座にないとか、もう、いろいろあってそれはそれで楽しいかな。

年末は毎年恒例で、ヤマを縦走とかしてましたけど、それもなんか最近は
もっと自由な旅がしたいので絶対に年末はヤマ!ってことは考えていません。
夏の避暑旅行とか秋に行った阿武隈山地への紅葉ドライブもよかったしなあ。
ヤマに行かなくても、けっこう楽しめるなあとか。そんな違った角度からの楽しみを発見しちゃったのも
一つの理由かもしれませんね。ま、でもヤマにもひとつ、ふたつ行きたいけど。
もう毎週雪山!という情熱はぜんぜん無いです。それよりは奥多摩とか丹沢とか
中央線沿線に連なる冬枯れの尾根が、やっぱり基本は好きなんですね、ボクは。
というワケで、アイススクリューなんかも売ってしまいまして。どーすんだ、カンプのバイルww
ま、気が向いたらまた足を運ぶかもしれませんがね。

夏の間、まったく乗っていなかったバイクにまた乗り始めました。
寒くなってから乗るなんて、ホント変わりもんかも知れませんが。
この間も、ツーリングに行って高速のPAに寄ったんですがバイク専用Pにボクの1台ぽっきり、、、
うーん、気温よりはそっちのシチュエーションのほうが寒いわwもう冬のバイクツーリング最高!
今年中には走り納めもする予定です・・・

で、来年はまたまた北海道けーかく。クルマでのんびりヤマを登ったりしながら行くか
今年悪天のために取りやめたバイクツーリングにしようか。
ボクの場合、雨に降られたりするとホント、モチベーション下がるんです。水に弱いんですよ。
ウルトラマンに出てきたジャミラみたいにw
クルマだと濡れる心配はないけど、あの北海道の大地の鼓動とか空気をダイレクトには
感じられないしなあ。ま、今からウキウキと悩んでます。

あ、そうそう自転車で輪行も、もっとやりたいかな。


IMG_20141213_125616.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

深秋をめぐる 

2014/12/14
Sun. 23:51

Dec.6,2014

11月の連休に走った房総へふたたび。
すでに落葉。寒い1日だったが、ボクにとってはいよいよバイクの季節到来。
今シーズンも冬の空気を感じて走りたいなあ。。。


P1050051.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

冬を待つ 

2014/12/13
Sat. 21:24

Nov.30,2014

雨あがりの日曜日、中央線にガタゴト揺られ扇山へ。
短い季節を終えた色とりどりの主役たちは、静かに冬を待つ。
何度来てもいい山だなあ。


P1050026og.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2014-12