銀嶺の山々 

2009/05/10
Sun. 19:53

hakuba_top_main_001.jpg

GW前半は後立山へ。久しぶりにテント背負っての縦走でした。
□初日:4/29

前夜、猿倉まで入って車中泊。
遅くまで飲んだので「ま、起きたら考えよう」という
超アバウトな計画。朝も9時過ぎに出発(遅!)
当初は除外されていた一眼も、抜群の好天ということもあって
急きょザックに詰め込んだ。レンズ1本込みで1キロ増。

カンカン照りの日差しで、日中は暑い暑い!日焼け止めを丹念にすり込む。
白馬尻から主稜に取り付き、午後4時前に八峰の上部?あたりで幕営。
ミルクティーが最高の御馳走。ビール無いのが残念。

※画像は自分で撮ったもの、頂きものをチョイスして載せました。
 大きい画像が表示されるまで、ちょっと時間がかかるかも。
 しつこくってスミマセンm(__)m


hakuba001.jpghakuba002.jpghakuba003.jpg
hakuba004.jpghakuba005.jpghakuba006.jpg




□2日目:4/30

規則正しく午前3時起床、5時出発。
太陽が真っ赤っか。天気最高!
リッジをいくつも超え、だんだんと高度感が増す。
9時半、榊原先輩を先頭にピークへ最後の登攀。
10時過ぎ、白馬岳のピーク。

ガラガラの白馬山荘でビール購入し、大休止。
少し吹く風が心地よい。テラスの向こうに剱岳がカッコいい。

テントを張れる場所を地形図で探しながら出発。
杓子岳直下の雪原が本日の寝床。
夕陽が日本海にキラキラ映る。写真、真剣に撮る気力もなく。
数枚シャッター押しただけ。食欲もなく、ほとんど食べられず。
風強くなってきた。フライシート、朝まで音をたててなびく。


hakuba_007.jpghakuba_008.jpghakuba_009.jpg
hakuba_010.jpghakuba_011.jpghakuba_012.jpg
hakuba_013.jpghakuba_014.jpghakuba_015.jpg
hakuba_017.jpghakuba_018.jpghakuba_019.jpghakuba_020.jpghakuba_021.jpghakuba_022.jpg




□3日目:5/1

午前2時起床。薄暗いうち、4時出発。風強く気温マイナス10度くらい。
それでも冬の風じゃない。天気はすこぶるいい。
杓子岳をトラバースして白馬鑓。他にパーティ見当たらず。
貸し切り状態の山々。平日だったよなあ、と思わずニヤリ。

天狗の大下りから、不帰キレット。
ザイル何度も出して、時間がかかった。結局6ピッチ。
喉が乾いて仕方がない。核心部を超えてホッとする間もなく
テン場目指して歩く。足取り重く、唐松岳のピーク午後4時過ぎ。
予定の八方尾根にたどり着けず、唐松山荘に幕営。午後5時。
ビールにありつけたので結果オーライ。
行動時間13時間。今までの記録あっさり更新・・・最長。


hakuba_023.jpghakuba_024.jpghakuba_025.jpg
hakuba_026.jpghakuba_027.jpghakuba_028.jpghakuba_029.jpghakuba_030.jpghakuba_031.jpg
hakuba_032.jpghakuba_033.jpghakuba_034.jpg



□4日目:5/2

この日も午前4時の早出。
なだらかに伸びる八方尾根をゆっくり下る。
目の前に朝日がぽっかり。赤く染まった雪面がきれい。
途中、大休止しながら、ただただのんびり。
鼻の日焼けがヒリヒリ。春近し銀嶺の山々。
ヘトヘトって辛いけど、なぜか楽しいのです。忘れえぬ山行・・・
N先輩、榊原先輩、sakaiさん、有難うございましたm(__)m


hakuba_035.jpghakuba_036.jpg


hakuba_main_l001.jpg


□備忘録

4/29・・・猿倉~白馬尻~主稜取り付き~八峰上部あたりBP
4/30・・・BP~主稜~白馬岳~杓子岳直下雪原BP
5/1・・・BP~白馬鑓~大下り~不帰Ⅰ峰~不帰Ⅱ峰~唐松山荘テン場
5/2・・・テン場~八方尾根~八方下山~タクシーで猿倉

GW後半、蝶ヶ岳への癒しの山旅につづく・・・
こちらはあっさりいこうと思ってます

関連記事

[edit]

CM: 11
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

ヤバイッす!
雪が嫌いだけど、虜になりそう (汗)

オプティオもちゃんと撮れるんですね。
買おうかな?

卍 #- | URL | 2009/05/10 20:14 * edit *

エドさん。
格好よすぎ。
ご褒美に椎茸の粉末プレゼント(笑)

すごいね~
日々遊び・・・鍛錬の成果ですね。
美しい風景を、人間の大きさを。
ありがとうです♪

でっぱ #5uE6dEgY | URL | 2009/05/10 20:21 * edit *

すごいです!!

ギリギリの所を歩いている写真を見てハラハラしたり、夕日に感激したり
写真で見ても、これだけ感動するのだから実物は、ほんとうに凄いのでしょうね。

この連休は、こんなに有意義な時間を過ごせて良かったですね。

のんピー #mQop/nM. | URL | 2009/05/10 20:41 * edit *

ふ~~~

スイマセン、見ているだけでキンチョーしてしまいました。
あのリッジってのはなんなんですか?!
瞬きしたら転げ落ちそうで・・・ガン見し続けて倒れそうです。
未知の世界・・・見せていただきありがとうございました。
かっちょいい・・・・

cyu2 #- | URL | 2009/05/10 20:49 * edit *

凄すぎる~っヽ(^o^)丿
大きな景色も最高!あの山の上にテント張れちゃうんですね!
山頂からは遠くの町の明かりとかも
見えるんですか?
この後のビールって美味しそうですね~♪

nuts #6moyDOY6 | URL | 2009/05/10 21:03 * edit *

☆卍さん

残雪の山もきれいだよネエ。
写真はOptioだけじゃなく一眼でも撮ったのですよ。
メディア開けてみれば、一目瞭然・・・みたいなところあります。
是非、一眼を精進してくださいm(__)m




☆でっぱさん

粉末も積もれば形あるものに・・・
なりませんかね^^

日々の遊びの集大成(笑
遊びは奥が深いですねえ^^v
夏山シーズンそろそろです。
でっぱさんも鍛えてください!行きますよ、合宿へ。




☆のんぴーさん

御無沙汰してますm(__)m
^^
けっこうハードな山でした。
でも楽しかったですよ~

連休はテント泊、高速代1,000円でたいした出費がなかったので
週末はのんぴーさんと同じくケーバ場に行ってきました(笑

ま、結果はアレです、、、





☆cyu2さん

>リッジ

えー、なんなんでしょう(笑
本来は岩場なんですが、夏は登れないんです。
雪が残ってる残雪期だけ登る対象なんです、ココ。
だからリッジがないと登れないのです・・・

リッジ万歳!といっても過言じゃないのです(笑

でも静かな新緑の山に行きたい、今日この頃でありますm(__)m





☆nちゃん

テントから町灯りも見えますよ。
でも、眠くて眠くて日没になったら
寝ちゃいました。
さながらアフリカ奥地の原住民のように
暗くなったら寝て、明るくなったら起きる生活(笑

そりゃもう、ビール中毒な山歩きでした

エドヤマ #- | URL | 2009/05/10 21:41 * edit *

 こんばんは。
スゴイ!大作レポですね~非現実の世界で行ってないのに心臓がキューっとなりますよ~!!

縦走ってものすごい所を歩くんですねしかも雪上で!恐ろしすぎです・・・。

エドヤマさんって40代でしょ?若いな~

goemonパパ #- | URL | 2009/05/10 22:17 * edit *

感動・・・

こんばんは。
見事に晴れましたね!
そして・・・リッジ・・・あ、歩いていいの?ここ!(って、また言う、笑)足すくみそうです。
雪山の斜面にこんなふうにテントを張るんだね。びっくりしました。
3日目の、後から三枚目のところも、ロープがあるけど、一番最初に歩いて入った人って、何もないところを行くのよね???
すごくないですか???
写真一枚一枚に、激しく反応してしまいましたよ。
そしてなにより、遠くまで連なる雪の山は素敵すぎました。
今回も素晴らしい風景を見せてくれて感謝。
見ていてなんともいえない気持ちになりました。

harry #Mnas4gso | URL | 2009/05/11 00:10 * edit *

いや~いい景色のオンパレードで
あまりの絶景に絶叫しそうな景色!
どっちに転んでも命がないようなところを歩くのね。
写真で見てもスリル満天でゾクゾクしちゃいます!
猿倉から大雪渓じゃなくても登れるんですね この時期。

エドちゃんカッコ良すぎだよ!

カルネ #VhNaT.1s | URL | 2009/05/11 07:10 * edit *

すごいなぁ、もう完璧なアルピニストですね。
俺みたいな、なんちゃって山歩きとは違うね。
雪国育ちなもんで、雪嫌いなんです。
冬山は尚嫌い。
一生踏み入ることのない世界です。
なんにせよ、極限の世界ですので気をつけて。

KAZU #Ce3vUfaA | URL | 2009/05/11 08:50 * edit *

☆goemonパパさん

そうです、40代・・・
あと20年若かったらなあ。

欲張りでしょうか(笑

40代は楽しいですね、50代からもっと
楽しくなるはずです^^






☆harryちゃん

う~ん、説明するのが難しいので
こんど一緒に山に行こう!

いい天気と最高の景色でしたあ、、、
夏山もいいけど残雪の山もステキだよねえ。





☆カルネさん

ホントはもうちょっと丁寧に撮ってればね~
そんなボツ写真がいっぱいあります。

>猿倉から大雪渓

あの場所はチョット怖いですね、夏でも事故が頻発してるし。
この場所からのほうが楽しい気がします。
カルネさんもいかがでしょう?





☆KAZUさん

いやあ~、そんなに難しくて登れない!という感じの場所じゃないです・・・
暖かいからでしょうか。

冬の八つの方が、もっとシビアだった気がしますね~

エドヤマ #- | URL | 2009/05/12 00:08 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://edyama.blog122.fc2.com/tb.php/133-acfd1e44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-05