スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

秋嶺、飯豊の山旅 

2009/10/01
Thu. 00:15

ide2009_top.jpg

クリックで拡大します

9月の連休は飯豊。
山も空も澄みきってました。

□土曜午前1時半、川入キャンプ場に入る。
「まあまあ一杯」ってことでビールなどを。
5時起床ね、なんて言っておきながら3人ともその気なし^^
結局起きたのは6時半過ぎてました・・・


◇川入キャンプ場
トイレあり、炊事場&水道あり(飲料可)。キャンプ場といっても管理人は原則いない。
テントが張れるスペースよりも駐車場の方が広くて
実質は登山口の駐車場になっている。かなりの台数が停められそうです。


□1日目
樹林帯の急登をひたすら3時間。
ブナの古木が素晴らしく、東北の山深さを知った。
稜線に出て三国小屋で大休止。紅葉がすでに始まってた。

とにかく、登り一辺倒で切合(きりあわせ)小屋着。
初日くらいはビールで乾杯しようって、2本を担ぎあげたが
そのうち1本の缶が破損、3人揃ってもったいないコール。
すするように飲んだ。夕方からはガスが出て風も強まる。
皆、疲れていたので18時にはシュラフにくるまった。
朝まで全く起きず、熟睡。


◇切合小屋
水場は小屋のすぐ前。水場が不安定な飯豊にあって貴重な存在。
シーズン中だけ、パイプで引いているらしい。水量豊富。
テン場もそこそこ広い。


ide2009_01.jpgide2009_02.jpgide2009_03.jpgide2009_04.jpg




□2日目
3時半起床、星が瞬いてたけど風が強くて三脚立てる気力なし。
そのまま、テント内でコーヒータイム&ゆっくりと朝食。
5時半過ぎに出発した。
飯豊本山小屋の手前でガスが出る。飯豊山はガスで眺望なしだったので
通過するのみ。風も相当強くて岩稜歩きも不安定。
御西小屋手前でガスが晴れ、太陽が顔を出す。
大日岳への稜線がくっきり見えた。風のない場所で大休止。

御西小屋でテントを張り終え、大日岳へ空身でピストン。
草紅葉が風に揺れ、秋の日差しにキラキラ輝いていた。

空身で登ったせいか、約1時間でピーク到着。
しばし眺望を楽しんだり、写真を撮ったりしてテン場に戻る。

風強く気温も下がってきた。普通ならここでビール!ということに
なるけど、この日は「寒いので焼酎にしよう」ということに。
ま、結局のところ飲むことには変わりなし。

夕方強風。三脚を出して夕焼けを少々撮る。
一気に冷えた。19時就寝。ほかの二人は強風で眠れなかったらしいが
小生、全く起きず。スミマセンねえ・・・


◇御西小屋
水場は小屋から100mほど下る。水量は少ないものの問題なし。
テント泊の場合は平坦な場所があまり無いので、早着がオススメです。
ロケーションは最高。


ide2009_05.jpgide2009_06.jpgide2009_07.jpg
ide2009_08.jpgide2009_09.jpgide2009_11.jpg
ide2009_12.jpgide2009_13.jpgide2009_14.jpg
ide2009_16.jpgide2009_17.jpgide2009_18.jpg




□3日目
4時起床。朝焼けがキレイでした。
青空のもと付近を散策。日本海に佐渡島がくっきり浮かんでいた。

のんびり撤収して、快晴の飯豊山へ。
天気もいいし、急ぐこともないでしょう、ってことで
飯豊のテン場で早々にテントを張った。ここのテン場は広くて快適。
夕方まで、各自昼寝&ビール&ラーメン&コーヒーなどなど・・・

夕焼けをカメラに収めて最後の夜。
「次はどこ行く?」っていう不確定な話が一番盛り上がる。
ウィスキー、焼酎をちびちび飲んで、20時頃就寝。
この日も風が強く、朝まで強風。


◇飯豊本山小屋テント場
小屋から南へ下った、一ノ王子という場所にある。
トイレに登り返すには、少々おっくうだ。5分弱かかるかも。
水場は細い。テント場から約5分下る。登り返しがキツイ。
こちらもロケーションはピカイチ。


ide2009_19.jpgide2009_20.jpgide2009_21.jpg
ide2009_22.jpgide2009_23.jpgide2009_24.jpg
ide2009_26.jpgide2009_27.jpgide2009_28.jpg




□4日目
曇り空で朝日は拝めず。
川入まで標高差約1,500mを、ただただ下る。
特に樹林帯に入ってからは段差がきつい。
途中ガスが出たが、紅葉とマッチしてそれはそれで楽しめました。
昼ごろ、キャンプ場へ下山。「いいでの湯 500円」に浸かり
一路、東京へ。常磐道の渋滞表示も、さほど混んでおらず。
中央道よりずっとマシでした。


ide2009_29.jpgide2009_30.jpgide2009_nomi.jpg



◇飯豊山脈ビール事情
高いです。350ml=1,000円です。
2本買うと800円になったりします(飯豊本山小屋)
1泊なら担ぎあげるけど、さすがに3泊分は・・・
ということで、高級ビールが飲めるのも飯豊の特徴(笑)

◇山行期間=2009/9/19~9/22

関連記事

[edit]

CM: 11
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

ビールを必要としない体質で良かった♪

緩やかな稜線と紅葉がイイですねー
上がるまではしんどうそうだけど。
佐渡島が見えるのですか^^
磐梯山の風景がよいなあ。

でっぱ #5uE6dEgY | URL | 2009/10/01 07:50 * edit *

☆でっぱさん

アルコール好きな方々には、ちと辛い飯豊山脈なのです。

日本海がズズズイーー!とみえました。いいお天気で。

樹林帯がつらいので、やっぱり稜線までヘリでピストンが
よろしいかと思われます。

エドヤマ #- | URL | 2009/10/01 09:12 * edit *

こんにちは^^
ほんとうに気持ちの良い山ですね。
この稜線辺りまで行くのがまた大変そうだけど、
それだけの価値があると思いました。
自分はこの山に一目惚れしたみたい。
死ぬまでに一度いけたらいいなあ・・・と思いましたよ。
や、ほんとですよ^^
自分はいつも日帰りですが、
いつかそこに滞在して夕日を見てみたいですね。
一面の草紅葉?の原っぱも素敵でした!
地元の山を発掘しなくちゃなぁ^^

harry #Mnas4gso | URL | 2009/10/01 12:10 * edit *

あぁ~この夏も初体験できなかった!
えっ?テント泊の話だよ~^^
風が強いと眠れないのかな~?

350mlの缶ビールが1000円ねぇ~
高級なクラブのような料金←そんなところ行ったことないけど
寒い季節は焼酎お湯割りがいいかな~^^
飯豊山、夏はかなり広い花畑が広がるそうですね♪

カルネ #VhNaT.1s | URL | 2009/10/01 22:25 * edit *

☆harryちゃん

>死ぬまでに

じゃ、あと50年は大丈夫だね^^
そのうちきっと、登れるよ。

や、ホントにいい時期にあたって紅葉を楽しめました。
このあたりは北アなんかよりは格段に空いてるのでオススメです。

地元の山もいいよね。
東京にもあるけど、ちと遠い・・・







☆カルネさん

ハハ!そうでしたね。テント^^
なかなかタイミング合わずで申し訳なかったです。

これからの時期は、小屋の薪ストーブなんかがいいですよ。
小生も、かなり軟弱になりましたので、、、

ここいらは、夏もいいみたいですね。遠いのが割引ですけど。。

エドヤマ #- | URL | 2009/10/02 00:46 * edit *

飯豊山は静かそうでいいですね~~~。
へなちょこな私たちでも歩けるかしら^^;(笑)
うちからは混雑する北アが一番アクセスが良いというのが意外と悩みだったり。。
こんなこと言うとよく贅沢だといわれるけど、静かな山歩きをしたい者にとっては
結構切実な悩み・・・
今度、餓鬼岳とか行ってみようかしら・・・ああ名前が怖い^^;(笑)

今週もちょっと歩きに行こうかしらという気になってきてますが行き先でまだ悩み中。
悩んでいる時が一番楽しいかも^^
エドヤマさんは八ツですか?

mel #R0.FKgZ6 | URL | 2009/10/02 12:38 * edit *

☆melさん

最近は静かな東北の山の魅力にとりつかれてます^^
この秋は、あと2回くらいは行きたいなあと・・・
南アの南部もいいけど、ちょっと遠いですしねえ。
melさんところからもかなりの距離だし。

明日からはfriendsとちょっと東北の手前まで^^
でも、天気がどうなるやら・・・

3連休は八ヶ岳濃厚かなあ、、、空いてる場所をピンポイントで。

エドヤマ #- | URL | 2009/10/02 22:12 * edit *

お疲れ様です。次は私も参加しますので縦走しましょう♪

・・・・秋の飯豊ビール事情・・・・

秋の本山小屋には「ビール1,000円」の貼り紙だけが寂しくあったりして、哀愁を感じるのも飯豊のよいところ・・・なのですが、連休なので小屋番さんが入っていたのですね^^

さらに、都会から来た人が「何で山小屋なのにビールを売ってないんだ」と、いない小屋番を探すのも秋の飯豊で何度か見ています(笑

ER #iWfHidvU | URL | 2009/10/04 21:38 * edit *

☆ERさん

ぜひぜひ行きましょう。
coco姫との対面も果たしたいと思います。

小屋番さんいましたよ。
やはり稼ぎ時だからでしょうか^^
でも一人であれこれやってて、大変そう。
1時間くらいお手伝いしてビールサービス!
ってなことがあれば喜んでやるのにな~

エドヤマ #- | URL | 2009/10/05 08:37 * edit *

こんにちは。
こちらへはすっかりご無沙汰してしまって、すみませんです。
良い旅なさってますねえ、いつもいつも。
加えて広角の魔術師と申し上げましょう、
すんばらしいフォトを、ごちそうさまです。

飯豊はハタチごろ、通いました。
風景は忘れてしまいましたが、
空、そして雲は、みちのくならではですね。
思い出させていただき、ありがとうございました。

いまるぷ #- | URL | 2009/10/16 15:06 * edit *

☆いるまぷさん

東北の山はいいですね。
この秋もう1回くらい、と思ってましたが都合で行けないかも・・・

写真は勉強中なので、まだまだ・・・
やっぱりもっといいレンズが必要でしょうか?

と、レンズを物色する口実にしてみたり、、、

エドヤマ #- | URL | 2009/10/17 23:53 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://edyama.blog122.fc2.com/tb.php/185-b3ab5850
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。