スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

爽快な山 

2012/05/04
Fri. 18:02

G.W前半、2人の仲間とともに白馬岳の主稜へ出かけた。このルートは
3年前にも一度登ったことがあり、今回は2度目のチャレンジとなる。
天気は以前と同様に快晴、思う存分残雪の北アルプスを楽しんできた。
初日は午後1時過ぎにテントを張り終え、担ぎ上げたビールを雪で冷やしゴクリとやる。
杓子岳が春の陽にきらきら照らされ、岩ひばりがピピーっと鳴きながら羽を広げている。

翌朝、持っていったザイルも使わずに核心を抜け白馬岳のピークに立つ。
ぐるりと見渡して遮るものがない。爽快、爽快。この時期には、白馬山荘も営業をしているため
またまたビールをザックに買い込んで、適当な幕営地を探し栂池方面を目指した。
ライチョウの歓迎を受けたりしながら、眺めのいい場所を選んで宴会場を設営。
山行最終日というものは、なぜかあーだこーだと盛り上がり酒もすすむ。
贅沢な食材などなくても、自分たちの歩いたトレースをつまみに話は尽きることが無い。
夕刻、少しだけ雲がかかってきた空を見上げて、また来ようね、などと軽い口約束を交わした。


P1110523.jpg

関連記事

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://edyama.blog122.fc2.com/tb.php/296-079dbd7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。