車中泊スポット 

2013/08/24
Sat. 13:19

今回の北海道旅で泊まった林道、登山口などを書き留めておきます。
ボクは基本的には道の駅やPAは好みじゃないので(人の出入りが頻繁なので)
あまり参考にはならないかも・・・


ニペソツ山登山口・・・傾斜がある。どん詰まり手前100mあたりに
フラットなスポットあり。今回はそこで泊。トイレは登山口に仮設あり。水なし。

P1030580.jpg


石狩岳シュナイダーコース登山口・・・フラット面多い。よってテントも張れる。
写真のテントは地元の高校生の山岳部のもの。
トイレ仮設あり。水なし。沢水すぐ横にありますが北海道の沢水は絶対に飲まないようにしている。

P1030630.jpg


キムネアップ岬キャンプ場のP・・・写真ないですがサロマ湖畔で快適。
トイレはキャンプ場のものを利用可能。水あり。シャワー8分=100円も使える。
ソフトドリンクの自販機あり。100台位停められるフラットな場所で、静かでホントに快適だった。
難点は食料の買い出しが遠くて不便な点。あらかじめ仕入れてから行ったほうがいいです。


斜里岳登山口・・・写真なし。清岳荘という小屋が管理していて車中泊500円。寝るだけなら快適。
トイレは小屋のものが利用できる(協力金100円)ジュースの自販機あり。
水は沢水なのであらかじめ持参したほうがよい。


武佐岳登山口・・・丘の上にあり天気が良ければロケーションも良さそう。
ただし、あまりフラット面がないので工夫が要る。トイレあり。水なし。
あまりに快適でここに2泊した。
実際の登山はここから1キロほど林道を奥に進んだ場所からスタートで
そこは駐車スペース5~6台あり。
DCIM0267.jpg


オンネトー国設野営場のP・・・雌阿寒岳登山口の横。トイレ、水あり。フラット。
P1030791.jpg


釧路川沿いの某所・・・たまたまダートを川沿いに走っていたらみつけたポイント。
その場所だけ舗装されていて、河川管理のための無人観察所がある。
DCIM0309.jpg


西別岳登山口・・・実際には泊してませんが、ここも快適そう。小屋の中もきれい。無人、無料。
文庫本などのライブラリーが数100冊もあって暮らしたくなる小屋だった。トイレあり、水なし。
P1030713.jpg


楽古岳登山口・・・ここも偵察のみ。無人、無料の小屋。水は沢水らしいので注意。小屋の前に
駐車スペース10台はOK。トイレあり。ここは林道へのアプローチがわかりずらかった。
P1030867.jpg


しべつ「海の公園」・・・立ち寄っただけですが、無料のPに数台のキャンピングカーあり。
コンビニ至近。道路はさんですぐ町なので静寂さという点ではどうか・・・


アポイ岳登山口・・・偵察のみ。トイレ、水あり。観光客などもいるので夕方からならいいかも。
ただし20時以降は翌朝まで出入りできなくなる・・・らしい。寝るだけなら。
DCIM0329.jpg


羅臼国設野営場のP・・・狭い。基本的にはキャンプ場利用者のためのPのようですが
明らかに車中泊で使っているクルマもあった。駐車スペースもさほど広くなく
混雑ぶりがすごくてボク的には絶対に泊まりたくない。
P1030739.jpg


というワケで、晴れ間の写真が1枚もないのは悲しいけど
北海道はいくらでも車中泊できるところがありますね。

関連記事

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://edyama.blog122.fc2.com/tb.php/418-890cc690
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-11