ヤマに戻る 

2014/09/17
Wed. 22:40

Sep.13-14,2014

9月の連休、金曜の夜中央道を西へ。走りながら途中までどこへいこうか迷った挙句
最近ぜんぜん森林限界を超えてない!と思ってお手頃な八ヶ岳へ。
それも出来る限り静かな尾根を登ろうと思い、海ノ口から横岳へ登ることにした。
杣添尾根は、積雪期に3回トレースしてるけど夏~秋は初めて。1回くらい登ってみよう、というワケ。

てなことで、海ノ口駐車場に午前1時着。ビールでおつかれさん会@おひとり様。
到着したときはほかに1台の車があっただけなのに、朝起きてみたらすでに満車!
とはいっても、ここの駐車場は数年前に拡張されたとはいえ10台そこそこのスペースしかない。

駐車場の標高はすでに1,700mあるので横岳にピストンしても5時間ほど。
けっこうお手軽な尾根なのである。よって朝寝坊して出発は8時半を回っていた←おせーよw
夏道は初めてだったけど、少し後悔した。ごつごつと歩きにくかったり段差が大きかったり
雪のシーズンと比べて格段に歩きずらいのである。ヤマ、すこしサボってたから余計にね。

天気は下界は晴れ、稜線はガスwww ま、いいのだ。久しぶりの森林限界越えなのである。
今回は岩の感触を楽しめればいいのだと、自分に言い聞かせて登った。
ハイマツが出てくるとひと登りで三叉峰ピーク。稜線を辿って横岳に立った。
なんも見えん、、、ときどきガスが切れて赤岳と阿弥陀岳、眼下に行者小屋と鉱泉が見えた。

秋の連休という事もありメジャー山域は大混雑だったらしいが、人気の八ヶ岳にあって
この稜線は比較的、人が少ない場所なのでそれが救いだったと思う。ボクは稜線の手頃な
岩の上に座ってコンビニで仕入れた、好物のいなりずしを食べた。晴れてるほうが、やっぱりいいな。
そんなことを思いながら。1時間近く大休止のあと、ピストンで海ノ口へ戻る。
下りはなんだかんだと90分ほどで駐車場着。

ちょっと時間も早かったので、信州峠からこれまた手軽に景色を楽しめる横尾山あたりに
いこうと思いたちクルマを走らせる。峠着は16時。まだ陽があるので、途中の広場、カヤトの原まで
行くことにした。駐車場から空身で約40分。この場所もなかなかいいポイントです。時間が時間だし
誰もいない。カヤトがゆらゆらと風に揺れて、少し早い秋を告げていた。もう少し秋が深まったら
また再訪したいなあ・・・そんなことを思わせてくれるヤマです。

温泉に立ち寄り、夜は去年発見した林道奥の車中泊ポイントで泊。
翌朝は大菩薩山域の、これまたゆるゆるで30分でピーク!というヤマに登りつつ
ボクはヤマの空気と土の感触と風の音とかを、身体じゅうに吸収したのです。

ここ最近ヤマから少し遠ざかってたんだけど、やっぱりヤマはいいなあ。


DCIM0006_yokoomt.jpg

関連記事

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

 こんばんは。 東側からのルートって県界尾根とかも気になってたんですが、やっぱり人は少ないですか?現地までのアクセスは近くなるし静かに歩けるなら興味ありです。

goemonパパ #- | URL | 2014/09/18 21:35 * edit *

goemonパパさん、どうもです<(_ _)>

東面は静かですよ、小屋もほとんどないですしツアー客もいませんし。
久しぶりの八ヶ岳でしたが、けっこう楽しめましたよ

エドヤマ #- | URL | 2014/09/19 23:46 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://edyama.blog122.fc2.com/tb.php/482-48df9ba0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-04